岩盤浴施設&手作り雑貨の店
 岩盤浴サルーテ
 リネン&コットンを楽しむ HouseMade雑貨 「nagomiya」

  阪急武庫之荘駅から、西へ徒歩約5分阪急オアシスさんから西へ約200m)
 TEL06-6432-9801(完全予約制・・・ご予約は電話のみです)  駐車場(1台)も要予約。
 適度な湿度と温度で息苦しさを感じる事無く、ゆっくりお楽しみ頂けるのがサルーテの岩盤浴です。
 「肌がスベスベになった」「体が軽く感じる」「今まで入った中で一番楽に入れた・・・」
   まずはお試し下さい。 きっと満足頂けるはず! 
              
    リネン&コットンを楽しむ HouseMade雑貨 nagomiya より 
       岩盤浴の店内で制作・販売しています。 オーダー品や試作品などもギャラリ―ページでご覧頂けます。 是非ご覧下さい。
   がま口ポーチ            
 

 
  夏の冷え・・・冷房・ストレス・夜更かしも原因に!  (数年前の日経ヘルスを参考) 
    夏の冷えを放っておくと不調の原因になります。ブログにも掲載しました。ご覧下さい。

     是非チェックしてみてください。 いくつあるでしょうか?
     夏の冷えCheck!
     □ 冷たい飲み物や食べ物をよくとる .
     □ ダイエットをしている
     □ 肌が露出する服を着る事が多い 
     □ 日中は冷房の利いた屋内でデスクワーク
     □ 寝る直前までパソコン(スマホなど)を使っている
     □ 就寝時刻や起床時刻がまちまち 
     □ 湯船に入らずシャワーで済ますことが多い
     □ 特に運動はしていない
     *5つ以上心当たりのある人は要注意!? これらがすべて冷えを招く生活習慣と言えるようです。
 
    
               
   どうして夏に冷えるの?
屋内外の温度差で自律神経が乱れ、血管が縮んで冷える。
 

 夏の冷えの大きな原因となっているのが、利き過ぎた冷房です。

 「体が無理なく対応できる1日の温度変化は7℃前後とされます。

 近年の日本の夏は温度差がそれ以上になることがざら。

  そもそも体は、暑い時には体表に近い血管を広げて血流を増やし、熱を逃がします

 逆に寒い時には血管を収縮させて血液を体の深部に集め、熱を逃がさないように働きます

 こうした反応をコントロールしているのが、自律神経です。

 ところが、体が反応できる範囲を超えた温度差のある環境にいると、自律神経がうまく機能しなく

 なります。 寒いと感じた時に収縮した血管が元に戻りにくくなり、「手足の先などの末端部分だけで

 なく、
お腹や背中などの体幹部まで冷えてしまう」と言われます。

 本来の日本人の体は四季の変化に適応するようにできていたのが、一年中快適な温度の中で暮らす

 ようになってきています。このことでも、自律神経がうまく働きにくくなった理由の一つとも指摘されます。

 大きすぎる1日の温度変化と、小さすぎる四季の変化。

 人工的に作られた環境が自律神経に負担をかけ、夏なのに冷えるという人を増やしているようです。


ストレスも原因に。自覚のない冷えや「冷えむくみ」も。

 
 「精神的ストレスや夜更かしも冷えの原因になる」言われています。

 昼間のストレスが解放出来ないまま夜を迎えたり、夜型のライススタイルを送っていると、

 心身は寝る直前まで
緊張状態が続きます。

 この時、血管もギュッと収縮した緊張状態にあり、冷えを招くと言われます。

 「ただでさえ夏は寝苦しく寝不足になりがち。冷えはますます悪化してしまう」なかには、自覚症状が

 無いのに実は冷えているという人もいます。

 「通常、足の温度は夏なら30度以上るもの。ところがある女性は25度しかなかった。それなのに自分は

 冷えていることに気づいていなかった」という事例もあります。

  私は夏冷えとは無縁と思っている人も、体はだるい頭が重たい食欲がないといった不調があるなら、

 それは冷えが関係しているかもしれません。

 「冷房による冷えは肩こり・頭痛・腰痛などから始まる事が多いと聞きます。

  また、足が、むくむのも夏冷えもの特徴と言えます。 

 「下股の筋肉が少ない女性が、冷房に利いた屋内で座りっぱなしでいると、足下の冷気が足先から熱を

 
 奪うだけでなく、血液などの体液を押し戻す力が足りないため、余分な水分がたまってむくんでしまう。 

 夏はこの『冷えむくみ』が多いようです。

 
 生活習慣を見直そう

 夏は、過剰な冷房にさらされるのに加え、冷たい食べ物や飲みを摂る、肌の露出が増える・・・など、

 体を冷やす要因がたくさんあります。  食事からくる冷えは胃腸の不調や肌荒れの原因にもなります。

 意識して温かい飲み物を摂ることも大事。 

 例えば、野菜は生で食べるのではなく、なるべく火を通して食べるのがいいです。

 衣服では、「お腹周りなどの体幹部を露出すると手足まで冷たくなり、その後体幹部を覆ってもなかなか

 手足の温度が回復しないという研究報告もあるようです。

 冷えやすい人は、薄手の腹巻をするなどの自衛策を。

  「熱は急にはつくれない。 だから、放熱しないことが大切です。特に守りたいのが首。

 首には大量の血液が流れる血管(頚動脈)が体表近くにあるため、ここが冷えると体全体の冷えに

 つながる言われます。 日中冷え切った体には、熱を入れて冷えを追い出す事が大事です。 

 夜はシャワーだけですませず、湯船に浸かる事をお薦めします。

 ぬるめのお湯に長く浸かると抹消の血管まで十分に開き、体の隅々に血液が運ばれ精神的にも

 リラックスでき寝つきもよくなります。

 冷え対策の基本は、「冷やさない」と「温める」です。
                                                 日経ヘルス特別版参考




 

営 業 時 間

平日/10:00~15:40
電話受付9:40~15:30
 土曜・日曜・祝日
10:00~19:00
電話受付9:40~19:00
*予約状況により、閉店時間を早める場合もございます 
ご了承下さいませ。

 予約制 水曜定休
駐車1台分(要予約)
TOMO がお待ちしてます

Twitterボタン
Twitterブログパーツ   


LINE 
予約などのご連絡用に活躍中!
お友達追加はご来店時にどうぞ
         
 
  有限会社ギガマート
無農薬野菜のパウダーを
製造・販売している会社です
 
 
 
 
 
 
  ハンドメイド雑貨や資材を販売
  リーズナブルな価格が魅力です
   沖縄から届きますよ。(一例)